お仕舞いの日、そして始まりの日

2018.02.11 Sunday

0
    まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では春。

    でも、日差しは春めいてきましたね。

    坂本呉服店は、2月6日に節目の日を
    迎えました。

    そしてこの日は祖父の命日。

    以前から築65年の店舗の老朽化や、
    ここが借地であることなどで店の営業の場所を
    これからどうするかを考えていました。

    昨年5月29日に思いきって、表通りから
    裏の仮店舗に営業場所を移しましたが、
    この度、85年祖父の代から商売して来た
    この場所を離れ、この春より移転し営業する
    ことになりました。

    坂本呉服店の歴史を一時停止し、春からは
    新天地で生まれ変わります。

    65年間、坂本呉服店を守り、頑張って
    建っていてくれたこの建物にお疲れさま。

    生まれた時からずっと今まで、
    よくして頂いた、上八日町の皆さま、
    天国から見守ってくれている祖父、祖母、
    父、母、番頭さん、
    そして、そして、今まで、坂本呉服店を支えて
    来てくださった皆様に心より感謝致します。

    新店舗は4月7日オープンの予定です。
    桜満開の季節に、新店舗でお会いできるのを
    楽しみにしています。

    今まで85年間、本当にありがとうございました。
    そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。

    祖父から父へ、父から私へ渡されたバトンを
    しっかりと握りしめて、これからも
    頑張り続けていこうと思います。


    IMG_8107.JPG

    お仕舞いの日の店内
    IMG_8070.JPG
    この建物も2月末には解体されます。

    IMG_8074.JPG

    坂本呉服店の歴史を見守っていてくれる招き猫ちゃんと福助さん。一緒に新店舗にいこうね。
    IMG_8072.JPG
    これもお宝。

    IMG_8055.JPG
    2月6日はお墓参りに行き、祖父や父に報告。

    IMG_8077.JPG
    店内2階は昭和。

    IMG_8085.JPG
    友人にこの日を写真に収めてもらいました。

    IMG_8121.JPG
    お仕舞いのは、八王子の伝統工芸士・吉水さんに
    織って頂いた多摩織のずらし絣の着物と
    博多西村の麻の葉の帯を締めました。

    IMG_8141.JPG
    皆さんに見守られ、この場所で最後の閉店のガラガラ。
    また春に新天地でお会いしましょう。

    坂本呉服店
    坂本直美

    コメント
    コメントする