和菓子作り初体験💓

2017.07.13 Thursday

0
    鎌倉に和菓子作り体験に行ってきました。
    人生初!ワクワク。
    テーマは「朝顔」。
    和菓子作りハマってしまいそう。

    IMG_4373.JPG
    青い練り切りとあんこを丸めるところからスタート。

    IMG_4388.JPG
    綺麗な青い朝顔が完成しました。、

    IMG_4390.JPG
    併設の和菓子店では、貝殻の練り切り。
    ガラスの器に乗ってて涼し気。

    IMG_4391.JPG
    食べちゃうのがもったいない。

    IMG_4392.JPG
    お店の名前でもある「手毬」は、婦人画報の標識も飾ったとのことです。

    なおてん

    1ヶ月が経ちました。

    2017.07.11 Tuesday

    0
      梅雨なのに、真夏の様な暑さですね。
      ブログご無沙汰してしまってすみません。

      坂本呉服店が裏通りにお引っ越しして、ちょうど1ヶ月が経ちました。
      表から裏へ移るだけてましたが、果たして、裏通りでお客様が来て頂けるのかと内心ドキドキしていました。
      でもでも、いつも来て頂くお客様はもちろん、表のシャッターの案内を見て、裏通りへわざわざ来て頂けて、本当に嬉しいです。
      表通りとか違って、裏通りは穏やか。
      狭い空間ですが、お客さまとの距離も近く感じて、自分で言うのもなんですが、とても心地いいです。
      仮店舗として営業しているので、またここから移る日が来るとは思いますが、暫くの間は、ここで営業していますので、皆様、どうぞよろしくお願い致します。

      IMG_3880.JPG
      裏通りの入り口はこんな感じです。

      IMG_3895.JPG


      IMG_3906.JPG

      なおてん

      坂本呉服店より仮店舗へお引っ越しのお知らせです。

      2017.05.24 Wednesday

      0
        このたび、6月10日より仮店舗へお引っ越しし営業する運びとなりました。

        現在の店舗は昭和28年に建てられた木造の建物で、リフォームやメンテナンスを繰り返しながら使用して参りましたが、近年、耐震や老朽化の問題が生じておりおりました。
        祖父から父へ、父から私に受け継いだこの場所にはたくさんの思い出があり、少し寂しい思いもありますが、安全確保を最優先させて、移転し営業する決断を致しました。

        仮店舗は以前からワークショップやイベントで使用していました裏通りにある店舗ですので、住所や電話番号に変更はございません。

        尚、仮店舗につきましては、新店舗が決まるまでの間とし、新店舗につきましては詳細が決まり次第別途お知らせ致します。

        現在の店舗では、29日まで営業し、5月30日から6月9日まで引っ越し準備の為、お休みさせて頂きます。

        店舗はお引っ越ししますが、坂本呉服店の暖簾は引き続き守れるように努力して参ります。

        皆様には大変ご不便をお掛け致しますが、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

        坂本呉服店
        店主 坂本直美

        画 中村眞弥子作  「ありがとう」

        IMG_3449.JPG




        連休のお知らせ

        2017.05.02 Tuesday

        0
          ゴールデンウィークの連休のお知らせです。

          誠に勝手ながら、2日(火)〜6日(土)は

          連休させて頂きます。

          どうぞよろしくお願い致します😊

          そして、ゴールデンウィーク中は、コレド室町にて
          「東京キモノショー」が開催されていますので、
          是非、楽しい着物ワールドを見に足を運んでみてはいかがでしょうか?
          「東京キモノショー」で検索してみてくださいね。


          お母様の生きた証

          2017.01.24 Tuesday

          0
            先日私の友人が、「昨年亡くなった母の着物や帯が沢山あるので、自分に着れるものがないか見て欲しい」と来店。
            おしゃれだったお母様の若い頃の素敵な着物や帯がたくさんあった。
            どれも素敵なものばかり。

            ただ、残念なのがお母様の着物がどれも小さく、帯も短いこと。
            着物のサイズも許容範囲なら着付けでどうにかなるけれど、このままではどうにもならない感じ。

            お母様の着物から、彼女の寸法に仕立て替えを提案し、採寸してみたところ、裄は目一杯、身丈もマックス足し布をすればどうにか着られる…ということで、費用も掛かることなので、とりあえず、お気に入りの一枚を洗い張りし、足し布をして仕立て替えすることに。
            そしてもう一枚お気に入りの絞りの羽織をもう羽織としては着られないけど、色も可愛いので帯に仕立て替えをすることに決定。

            お預かりして1ヶ月後、着物は無事に彼女の寸法になり、羽織はこんなに素敵な帯に生まれ変わりました。

            生まれ変わった着物と帯を試着した彼女は、
            「お母さん、喜ぶだろうな…」って。
            お母様が大切にしていた素敵な着物や帯、そして思い出を娘が大切に受け継ぎ、天国にいるお母様はきっと喜んでくれていると思う。
            お母様が生きた証を纏って、これからは彼女がその着物や帯にいろんな思い出を重ねてもらえたらとても嬉しい。


            IMG_1596.JPG


            iPhoneから送信